CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
renny 注目の投信会社
ガンバレ!
MoneyForward、ライフネット生命、FC東京、cakes
アクセスカウンタ etc
この日記のはてなブックマーク数


since Jan. 9 2007



ブログパーツ
MOBILE
qrcode
<< 「投資信託」のブランドをつくっているのは誰? | main | チョクハンk2k2通信簿(日本株式F編) 2013年2月末 #32 >>
2013 ヤマザキナビスコカップ 予選リーグ 第1戦 vs 鳥栖 #fctokyo
JUGEMテーマ:FC東京




午前中にウチの次男の卒園式があったため、現地参戦は無理かと思っていましたが、「天気も何とかなりそうだし、行こうよ!」とウチの奥さんもノリノリになってくれたので、現地参戦してきました。駒沢は初めてで、到着したのもキックオフ40分前くらいだったので、席はどうだろう?と思ってスタンドに足を踏み入れると、自由席はかなりの入りでした。空席がなかなか見つからないなあ、と思っていると、優しいお兄さんが「ここ、どうぞ!」と席を譲ってくださって家族4人揃って座ることができました。

↑↑↑にある通り、フレッシュなメンバーでしたね。






最大の注目はルーキーの三田選手。チャンスをモノにして欲しい!そう思って観てました。しかし、この試合。ちょっと大変そうだったのは、風がスゴく強くて、ピッチも荒れ気味。(この試合 に比べると、かなりマシでしたけど。)塩田選手が何回かキックの際にズッコケていて、イヤな予感もこれあり、なかなか目の離せないゲームでした。

三田選手はクロスバー直撃のシュート(今日、一番盛り上がったのでは?)等、随所に印象に残る好プレーがありました。三田選手の他では、怪我から復帰した加賀選手がスピードを生かして相手のロニ選手の怖さをしっかりと消していたのが印象的でした。アーリア選手が一列下がったこと、ルーカス選手の不在だったこと、で前線での起点が李選手に集中していたのも試合が難しくなった要因ではないか、と感じました。あと、特に後半に入ってすぐの時間帯、左サイドの田邉選手、太田選手のパフォーマンスに物足りなさを感じました。

今日の収穫は、負けなかったこと。無失点だったこと。大竹選手が帰ってきたこと。平山選手も意欲的に頑張っていたこと。(ラインを割ったと判定されたプレーはボールが出ていなかったので副審の誤審には腹が立ちました)これら含めて色々と試すことができたこと。

心配なのは、米本選手。試合終了後、スタッフの人?の助けを借りてピッチを去っていましたので。軽いもので済んで欲しいものです。

週末の鹿島とのゲームでどのようなメンバーで臨むのか、今日の色々をぜひ活かしてもらってアウェーですが勝ち点3。期待してます。あと、この2試合を観て感じるのは、ネマ選手がサブにいないことって結構イタイな、ってことです。ネマ選手のカムバックにも期待です。

今日は以上です。



目指せ!世界を!


バモス!東京



---------------------------------------------------------------
"FC東京" がきっかけで当ブログにお越しになった皆様へ

当ブログのメインコンテンツは、「投資、資産運用」の話題です。基本的なスタイルは「共感できる投資信託にコツコツと投資を継続して、ゆっくり、のんびり、じっくり資産形成をしよう」というものです。もし、こんな「投資、資産運用」のスタイルにご興味をお持ちでしたら、下記のエントリをチェックしてみてください。(長文ですので、その点ご容赦ください)


---------------------------------------------------------------
インベストライフ を応援しています。

I-O ウェルス・アドバイザーズ | インベストライフとは
はてなブックマーク - I-O ウェルス・アドバイザーズ | クラブ・インベストライフとは


---------------------------------------------------------------
人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします。
ブログランキング にほんブログ村に登録しました。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ

blogranking 

カブク<br />
ンブログマーケットランキング投票



| FC東京 | 21:43 | comments(0) | trackbacks(0) | 


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック