CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
renny 注目の投信会社
ガンバレ!
MoneyForward、ライフネット生命、FC東京、cakes
アクセスカウンタ etc
この日記のはてなブックマーク数


since Jan. 9 2007



ブログパーツ
mailform
MOBILE
qrcode
<< 夏風邪?をこじらせてしまい | main | はてなブックマークとマネックスと・・・ >>
遥かなる??DRIP
体調が徐々にですが快復に向かっております。本日から勤務先に出勤しています。
なんだか熱がなかなか下がらないんですよ。頭痛も酷かったし。
というわけで、本日からちょっとずつですが更新再開します。
コメントへのレスはいましばらくお待ちください。

さて、タイトルに書きましたDRIPですが、
Dividend Re-Investment Program
の略だと思ってください。ADR(Automatic Dividend Reinvesment)という呼称もあるそうです。とどのつまりは、個別銘柄(ETFもそうみたいです)の配当金(分配金)を自動的に無手数料で再投資してくれる、という米国を初めとする海外の証券会社では割りにありふれたサービスのことです。
約1年前に"株式投資の未来"というエントリでDRIP待望論を書きましたが、未だ国内の証券会社でこうしたサービスに取り組むというニュースを耳にすることはありません。確かに売買手数料の値下げ競争を必死こいてやっていたネット証券にこうしたサービスを期待する方がバカなんでしょうね。
ところで・・・
ボクは何度も書いていますが、投信の分配金は大嫌いです。
「分配金落ちがねらい目」とか「今度のボーナス分配には期待しちゃいます」とか
某SNSの投信コミュの書き込みを見るたび、激しい眩暈を催します。(体調の悪い今現在怖くて見ることが出来ません<笑>)

コレに比べると、まだ個別銘柄の配当金は許せます。(本当は「自社株買い」の方が好み)成熟産業&規制で守られている業界は、もっと配当性向を高くすべきだと思いますが。「配当」については板倉雄一郎さんのご説明が一番素晴らしいと思います。


ボクみたいなゴミ株主が得られる配当金では、DRIPが無いと何か他の投資先を探さないとイケマセン。(ボクの保有する個別株はミニ株なので「投資先」などというのも・・・)ということから「自社株買い」の方がずーーーっとマシのように思えるのです。DRIPがあったところで、税金をピンハネされるので「自社株買い」の方が良いのですが。

ここでまた、投信の分配金に戻りましょう。分配金と配当金は同じか?ということです。
ボクの考えは
「まるっきり違う」
ということです。
投信の分配金は信託財産から拠出されます。どこかから「分配金さん」が月末近辺にやってきてくれてホルダーに振舞われる・・・そんなもんではありません!
自分たちが預けたお金で運用されていた株式やら債券やらが毎月換金されて分配金に化けているだけのことです。別に得しているわけでも何でもありません。場合によっては、信託財産をどのように増やそうか、運用しようか、よりも、如何にして分配金相当のキャッシュを捻出するかにファンドマネジャーの時間の多くが費やされているかもしれません。
こんなことのために、毎月分配型投信(もどきも含む)をアナタは購入しているのでしょうか??

個別銘柄の配当金=経営者がROEなどの経営指標数値を向上させるなどの目的をもって、内部留保の一部を株主に還元するための現金

投資信託の分配金=「信託財産の安定成長」等の運用目的を委託会社(=投信の運用会社)が実質的に放棄、一方的に信託財産の一部を取り崩した現金

随分違いますよね・・・
上記の理解には色々と異論もあるでしょうが、ボクはこんな風に考えています。

かなりの脱線となりましたが、DRIPの登場を引き続き待望しています。
もしかしたら、国内のどこかの証券会社がサービスを提供しているかもしれません。
ご存知の方いらっしゃいましたら、是非情報提供をお願いします!

--------------------------------------------------------
人気ブログランキングに本格的に参加をはじめました。
応援よろしくお願いします。
blogranking 

カブク<br />
ンブログマーケットランキング投票






| 資産運用 | 19:19 | comments(4) | trackbacks(1) | 
コメント
一時期、カブドットコムなどが配当金を証券口座に自動入金してくれるサービスを始める話があったのですが、立ち消えになってからそのまま動きが全くありませんね。
まず、配当を証券口座へ直接入金できる環境ができて、それからDRIPですかね。

まだ先は長そうです。
何がネックになっているのでしょうかね?
| Gabbiano | 2007/06/27 10:29 PM |
Gabbianoさん、コメントありがとうございます。

>何がネックになっているのでしょうかね?

非常に気になりますね。
日本でDRIPが始まるのは遠い未来のことなのでしょうか?
海外ETFだけじゃなくて、こっちも要望を出してみることにします。
| renny | 2007/06/28 6:58 PM |
ちょうど、配当のお知らせ封筒がどんどん溜まってきてます。DRIP以前に証券会社口座に即座に入れて貰いたいものなんですけどね。でないと奥さんにばれてしまう(^^;
| オサーン | 2007/06/28 11:09 PM |
オサーンさん、コメントありがとうございます。

ボクが(勝手に)期待を寄せているネット証券会社に問い合わせ&要望してみました。結果はまた別途エントリで書いてみたいと思います。
| renny | 2007/06/30 9:43 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://renny.jugem.jp/trackback/274
トラックバック
配当金を再投資させてください!
こんにちは、カン・チュンド です。 いちば自体に投資する ETF ですが、 問題点もあります。 ひとつは、売買単位が 100口 という場合が多いのです。 例えば、東証株価指数との連動を目指す TOPIX 連動
| カン・チュンドの 投資のゴマはこう開け! | 2007/07/27 5:25 PM |