CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
renny 注目の投信会社
ガンバレ!
MoneyForward、ライフネット生命、FC東京、cakes
アクセスカウンタ etc
この日記のはてなブックマーク数


since Jan. 9 2007



ブログパーツ
mailform
MOBILE
qrcode
<< セゾン投信は日本を変えられるか?!
(第2回FJ資産運用サミット2007 #2)
| main | イートレが参入! 海外ETF >>
"だれをバスに乗せるか" (第2回FJ資産運用サミット2007 #3)
昨日参加した第2回「FJ資産運用サミット」の参加レポートの最終回(#3)です。

セゾン投信は日本を変えられるか?!
(第2回FJ資産運用サミット2007 #2)


竹中平蔵さんの講演(第2回FJ資産運用サミット2007 #1)

今回のサミットには東証1部上場の創建ホームズの社長、丸本吉紀さんによるIRプレゼンテーションがありました。株価の動きは【東証1部:8911】をご覧ください。創建ホームズは高価格帯の住宅供給を首都圏にフォーカスして行っている企業です。販売のほとんどを外部委託し、自社は商品づくり、物件づくりに特化しているというユニークな住宅メーカーです。
丸本社長のプレゼンテーション、木村剛さんとのQ&Aにおいても、人材の採用の重要性を再三強調されていたのが特に印象的です。
「人を選ぶ」ことを一番大事、とのお考えです。
これで思い出したのが・・・
名著「ビジョナリーカンパニー 2 飛躍の法則(原題 GOOD TO GREAT)」の第三章です。第三章のタイトルは"だれをバスに乗せるか 最初に人を選び、その後に目標を選ぶ"です。偉大な企業が如何に偉大となったかを分析した本として非常に有名なこの本。随分前に読んだのですが、特にこの部分が印象に残っていました。
今回の丸本社長のお話を聞いて、この「だれをバスに乗せるか」というフレーズがボクのアタマによみがえってきました。

「人を選ぶ」のが最重要とおっしゃる以上、丸本社長は、採用にあたっては必ずご自身が最終面接をされるそうです。そこでじっくり人柄をご覧になるそうです。特に「誰の背中を見て育ったか」という質問をする、というお話は非常に印象的でした。

IRプレゼンテーションの冒頭で、トヨタ自動車とリッツ・カールトンを目標にして起業したというお話があったのですが、「ビジョナリーカンパニー 時代を超える生存の原則(原題 BUILT TO LAST)」で挙げられた「社運を賭けた大胆な目標」に相当するのかな、とも感じました。

創建ホームズがビジョナリーカンパニーとなるか、ボクには分かりません。しかし、経営者自身がそうしたプラクティスを取り入れられているように感じられました。今後の成長戦略を描くのはなかなか難しいようにも思いますが、注目していきたいと思います。

ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則
日経BP社
ジェームズ・C. コリンズ(著)山岡 洋一(翻訳)
発売日:2001-12-18
おすすめ度:4.5


ビジョナリー・カンパニー ― 時代を超える生存の原則
日経BP出版センター
ジェームズ・C. コリンズ(著)ジェリー・I. ポラス(著)James C. Collins(原著)Jerry I. Porras(原著)山岡 洋一(翻訳)
発売日:1995-09
おすすめ度:4.5


--------------------------------------------------------
人気ブログランキングに本格的に参加をはじめました。
応援よろしくお願いします。
blogranking 

カブク<br />
ンブログマーケットランキング投票




| Management (経営) | 17:57 | comments(0) | trackbacks(0) | 
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://renny.jugem.jp/trackback/267
トラックバック