CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
renny 注目の投信会社
ガンバレ!
MoneyForward、ライフネット生命、FC東京、cakes
アクセスカウンタ etc
この日記のはてなブックマーク数


since Jan. 9 2007



ブログパーツ
mailform
MOBILE
qrcode
<< 2012年 J1 第13節 vs 浦和 | main | ネット証券各社のバランスファンドを比較/2012年4月末 >>
「新しい」投信文化のキーワード
JUGEMテーマ:Global Investment
-----------------------------------------------------
当ブログにはじめてお越しの方、お時間が許せばご覧下さい。
(長文です)

-----------------------------------------------------


まろさんのエントリです。



SRIは金融機関のマーケティングの一手段にすぎなかったのか! とダメ出しする日がやってきてしまうだろうね。

と、まろさんは予言されています。
が、もう既にその日は到来しているような気がします。
SRIファンドが「古い」投信文化の中で組成される以上、これは致し方無いこと、当然の帰結なのです。

極論すれば、

SRIファンドも、通貨選択型ファンドも底に流れるものは一緒!

ってことです。つまり・・・



SRIファンドも
業界の人が食っていくための道具の一つ



というのが実際のところ、だということです。

そこでつらつら考えていたのですが、SRIファンドに決定的に欠けているものって何なのか、ヒントのようなものを見つけました。





最近読み終えたこの本。この本のキーワードの一つが「コラボ消費」

!!!!!!!!!!!!!!!

「コラボ投資」

!!!!!!!!!!!!!!!


この発想こそがSRIファンドが本来の機能を果たすのに必要ではないか、とふと気付いたわけです。

「コラボ投資」って実は「投資信託」の原点ですよね。

でも、日本では業界の皆さんの食い扶持として「利用」されてきたのがその歴史です。原点ともいうべき点が「新しい」というのもヘンな気がしますが、それが現実なのではないでしょうか。

このキーワードはSRIファンドだけではなく、日本の「新しい」投資信託に共通されるべきものだとボクは思います。

お金の集まりに過ぎないファンドを「投資信託」にするキーワード、要素。
それが「コラボ投資」。

その典型例の一つが鎌倉投信です。
竹川美奈子さんの運用報告会のレポートです。



この報告会のレポートを見て、投資信託の受益者、投信会社、投資信託に組み入れられた会社との「コラボ」感を見て取れます。

以前、鎌倉投信で「都道府県ごとに1社の組み入れができたらなぁ」という話をお聞きしたことがあります。つい最近、組み入れが公表されたのが沖縄にあるサンエーです。



こちらへの会社訪問をされるのではないか、と想像するのですが、鎌倉投信の鎌田さんが沖縄のこのイベントに参加されるそうです。



こんなところにも「コラボ投資」を感じます。この調子で「都道府県ごとに1社の組み入れができたら」、「コラボ投資」が日本各地に広がるわけです。

「コラボ投資」、実はこんなところにも感じています。




「コラボ投資」、色んな形があると思います。
そこにイノベーションがいっぱいありそうです。
わくわくしますね。


というわけで、

「新しい」投信文化のキーワード。

それは



「コラボ投資」


です。

これを具現化するのは、供給側ばかりではありません。
我々、個人投資家もその担い手として必要不可欠な存在なのです。


「新しい」投信文化、

創りたいですね!


---------------------------------------------------------------
インベストライフ を応援しています。

I-O ウェルス・アドバイザーズ | インベストライフとは
はてなブックマーク - I-O ウェルス・アドバイザーズ | クラブ・インベストライフとは


---------------------------------------------------------------



人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします。
ブログランキング にほんブログ村に登録しました。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

blogranking 

カブク<br />
ンブログマーケットランキング投票



| 「新しい」投信文化 | 09:33 | comments(2) | trackbacks(0) | 
コメント
私の立場じゃここまで書けないから(笑)、続きを書いてくださってありがとうございます。でも私はあと1年くらいは様子を見てみようと思います。鎌倉投信だけじゃ規模が小さすぎるから、なんとか大手を動かしたいんですよ。
| まろ | 2012/05/27 10:15 PM |
まろさん、コメントありがとうございます。

大手に期待ですか。。。。。。。。。。。
変化の兆し、感じられますか??????
| rennyです | 2012/05/28 7:14 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://renny.jugem.jp/trackback/2453
トラックバック