CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
renny 注目の投信会社
ガンバレ!
MoneyForward、ライフネット生命、FC東京、cakes
アクセスカウンタ etc
この日記のはてなブックマーク数


since Jan. 9 2007



ブログパーツ
mailform
MOBILE
qrcode
<< 超高コストの運用商品がますます増えるかも・・・ | main | 来たれ、異業種参入!! >>
確定拠出年金の「罠」
昨日、"「格差」をあらためて実感"というエントリを書いたのですが、貴重なコメントを頂戴して自らの「無知」を恥じました。コメント欄をお読みいただいていない方にも是非お伝えしたいと思い、新たにエントリを書きます。

確定拠出年金制度には、とんでもない「罠」が仕掛けられているのです。
「罠」の正体とは・・・
「特別法人税」
なる税金のことです。
恥ずかしながらこの税金の存在を、何人かの方が御指摘くださるまでボクは知りませんでした。ご存知の方はたくさんいらっしゃったのでしょうか。自分の無知を恥じ入るばかりです。

こちらのFAQの質問3をご覧ください。
質問3: 特別法人税とは何ですか?
回答: 特別法人税とは年金資産にかかる税金のことをいいます。
正確には年金資産には、
 ・特別法人税
 ・特別法人税にかかる法人住民税
がかかります。
確定拠出年金に限らず適格退職年金などの年金資産(掛金および運用益)については、その年金資産残高に対し毎年税金が掛けられます。
この税金を特別法人税といいます。
※特別法人税は、平成20年3月末まで凍結されており、現在は課税されておりません。

税率はこちらに記載の通り、年1.173%のようです。これは何も確定拠出年金に限った税制ではないようです。確定給付型年金にも存在する税だとは知りませんでした。重ね重ね恥じ入るばかりです。
しかし、こんなものが課税されたら確定拠出年金向けファンドの信託報酬がいくら低廉でも悪い冗談です。

政治・行政が年金不安を生み出して日々増幅させているにもかかわらず、国民個々が「自助努力で」積み上げた年金資産に課税するなんて信じられません。
こんな税制、即刻廃止すべきだと思います。


非常に小さな問題なのかもしれません。しかし、こうした点をしっかり考えてくれる政党・国会議員のセンセイにこそ自分の一票を託したいものです。経団連の会長さんにも同じことが言いたいですね、「こっちが先と違いますか」と。

--------------------------------------------------------
人気ブログランキングに本格的に参加をはじめました。
応援よろしくお願いします。
blogranking 

カブク<br />
ンブログマーケットランキング投票






| iDeCo/確定拠出年金 | 09:22 | comments(17) | trackbacks(4) | 


コメント
何度も投稿してすみません。特別法人税に対する損保ジャパンの意見を抜粋して紹介させて戴きます(↓)。経団連とかも政府に要望書とか提出しているようです(ネットサーフすると見つかります)。

歴史を振り返ると、特別法人税は、昭和37年に適格退職年金が創設された際に、企業の負担した掛金は拠出時点で損金に算入されるが、従業員に対する課税は給付時まで繰り延べられるため、この繰り延べ期間中の遅延利子相当を税として徴収するという趣旨で誕生している。

しかし、世界的に見て、年金課税の基本は、拠出時・運用時非課税、給付時課税が原則であり、特別法人税のような運用時課税は諸外国では例を見ない制度である。加えて、1%という税率は、遅延利子という性格から、従業員に掛金相当額が給与所得として支払われたと仮定した税率に、7%という実勢金利からかけ離れた金利を適用して算出されている。運用時の課税として考えると、ごく一般的な金利環境を想定した場合、積立資産全体から1.173%もの特別法人税を取られるなら、通常の金融資産同様運用益に対して20%の源泉分離課税を受けたほうが、よほど安上がりではないだろうか。・・・(抜粋)


私も、もし課税をするなら、民間の個人年金やら養老保険のように、或は一般の株やら債券の取引のように、60歳で損益確定時に、利益が出たら、10%(現時点)か20%(将来は?)が妥当&妥協点だと思います。運用中に利益が出てない、或は損失に対しても、課税されるのは矛盾だらけです。上記の記事にも書いてあるように「諸外国では例を見ない制度」=天下の悪法&悪税?前にも投稿しましたが、以前勤めていた会社の企業型DCで元本保証の定期預金で運用(利率1%以下)している人もいましたから、1%以上の特別法人課税では元本逓減型で洒落になりませんよ、ホント!

それと会社を退職して企業型DCから個人型DCへ移管する人の多くの場合、現時点で、仮に特別法人税の課税が将来、決定していて、DCから脱退したくても脱退できないのは問題点です(脱退できたとしても、条件が厳しすぎる:例えば、国民年金が払えない人とか)。

相場を読むより難しい資産運用、DCです。後は、力を失った労働組合(それと連合が推す民主党?)に最後の力を振り絞って、「バカヤロー」と吠えて阻止してもらうしか・・・

私は楽観主義者ですから、課税は凍結、或は課税されても上記で挙げた妥協&妥当点に落ち着くと読んでいます。
| Werder Bremen | 2007/05/06 3:17 PM |
特別法人税については、私も前から疑問を呈していて、根本の論理が間違っていると思います。
でも、問答無用でもし凍結解除された場合、「遅延利子相当を税として徴収する」という論理が正しいと主張されるわけですから、政策金利をベースに税率を設定しないと、もう無茶苦茶な世界ということです。
短期金利や長期金利が7%の世界では、株式や債券の期待利回りがいくらになるでしょうか? 現状の平均利回りはいくらでしょうか?

こんな税金の復活よりも、投資税制をシンプルに全面改正する方が、何百年も先にすべきことだと思います。
| Gabbiano | 2007/05/06 11:27 PM |
はじめまして。いつも参考にさせていただいております。
「海外投資生活」というブログを書かせていただいております。
私のブログにリンクを貼らせていただきました。
もしよろしければ相互リンクをお願いいたします。
今後も参考にさせていただきますのでどうぞよろしくお願いいたします。
| ミルフィーユ | 2007/05/07 1:01 AM |
コメント有難うございます。

>Werder Bremenさん、Gabbianoさん

「特別法人税」存在意義が全く理解できない税制ですね。
税務署、税理士の皆さんの雇用のために、複雑怪奇な税制が存在しているように思います。サルでも分かるシンプルな税制が望まれますね。

>ミルフィーユさん
リンクに加えておきます。
| renny | 2007/05/07 9:35 PM |
だから、フリーランスの方には国民年金基金の選択が多いともいえるようですよ。
| とおりすがり | 2007/05/07 10:40 PM |
私も「特別法人税」は今のところは凍結!というところまでは知ってたのですが、「諸外国では例を見ない制度」であったことは知りませんでした。これが復活したら なんというか、「庶民は生かさず殺さず税」とでも呼びたくなってしまいます。もちろん、廃止にしてもらいたいです。

それと、とおりすがりの方へ「国民年金基金」は10年くらい前の予定利率3%〜4%(?)くらいの時に加入していたならともかく、今、加入しても1.75%程度だったと思います。1.75%利率で運用を固定してしまうのも、得策ではないような感じが今のところするんです。
| コデマリ | 2007/05/08 1:30 AM |
あっ、ちなみに私(コデマリ)の初めての投資信託は「セゾンGBF」。
セゾン投信さんの今回の取り組みが うれしかったことと、この投信でもって投資というものに慣れていきたかったからです。
しばらくは少額の積み立ても続けてみます。
| コデマリ | 2007/05/08 1:57 AM |
コデマリさんへ

たしかに現在の利率では基金に加入することに躊躇する方も多いでしょうが、しかし、加入が遅れれば遅れるほど掛金の負担は増えますし、それに基金には知る人ぞ知る「ボーナス給付」があるんですよ。利率の不公平感を是正するためです。また「税負担の先送り」という点も考慮する必要があるでしょう。これも財テクの基本でしょう。この点からも現在からの基金に選択もアリではないでしょうか?小生は幸いにも4%で固定されています。
| とおりすがり | 2007/05/08 2:30 AM |
とおりすがりさんへ
4%の頃、加入されましたか。それはお幸せです。もちろん手放すべきではありませんよね。
実は私もたぶん同じ頃、一旦は加入したのですが、大事な年金を国がよからぬ使い方(グリーンピアだの、特殊法人だの・・だったでしょうか。忘れてしまいましたが)をするので、腹が立って1年で解約してしまったのです。
短気なのもいけませんね。
ではおやすみなさい。
| コデマリ | 2007/05/08 2:47 AM |
特別法人税、私も知りませんでした。。勉強になりました。
でも、平成20年の4月から同じ税率のまま復活する確率は低いんじゃないだろうかと、楽観的に思ったりもします。

以前からちょくちょく見させていただいてましたが、よろしかったら相互リンクお願いいたします。
| staygold | 2007/05/09 9:57 PM |
私の勤め先では確定拠出年金が使えないのでぴんときませんが、今は凍結、将来は実施というのは一番よくないですね。
 年金問題で割を食っている若い世代に余計不利になり、団塊世代の食い逃げの一形態のように見えます。
| 馬橋 | 2007/05/10 8:59 AM |
コメントありがとうございます。

>staygoldさん
>>平成20年の4月から同じ税率のまま復活する確率は低いんじゃないだろうかと、楽観的に思ったりもします。

ボクもそうは思いますが、こんな税制全く存在意義が無いと思いますので即座に「廃止」すべきだと思います。

>馬橋さん
>>今は凍結、将来は実施というのは一番よくないですね。
その通りだと思います。最悪です。
その気になればいつでも復活できるんだよ、という当局の態度が一番気に食いません。一体誰がこんな年金不安を生み出したのでしょうか。全く理解しがたいことです。
| renny | 2007/05/12 1:36 AM |
我が家に奇妙な花が咲きました。
■サボテンの種類なのかなー?よく知らないけど。
■ママンに聞くと1年に1日だけしか咲かないのだとか。
■美人薄命。まるでアタシの様なかわいそうなお花。



今調べてみたら、「孔雀さぼてん」という花らしいです。
「月下美人」の少しだけ寿命が長い版な感じ?
ちなみに「月下美人」は一晩だけ咲くお花。



-----
昨日、ウチの弟が美味しいお好み焼き屋さんに連れてってくれると言うので
行ってきました。もちろん弟のオゴリ?
| 山本モナ | 2007/11/18 6:03 PM |
はじめまして。
最近、こちらのサイトを発見して楽しく拝見しております。

特別法人税について私も全く知りませんでした。
そこで気になるのが、年金専用の投資信託を購入しているだけでも、特別法人税が平成20年3月末以降は課税されるのかということです。

わたしは、「年金積立インデックスファンド海外債権」を購入していますが、もし課税されるなら解約を考えたいと思います。

自分でも調べたのですがよく分かりませんでした。
どーなんでしょうか?
| ダイ | 2007/12/03 11:42 PM |
ダイさん、コメントありがとうございます。

お持ちのファンドがネット証券等で販売されている公募投信であれば、年金資産には該当しないように思いますが、こうした質問は販売会社にお尋ねになってしっかりご確認されるべきかと思います。よろしくお願いします。
| rennyです | 2007/12/07 7:22 AM |
6年前の記事へのコメントで失礼いたします。
今年3月末で特別法人税の課税停止が期限切れとなりますが、どうなりますかね。
3年前でさえ、当時の自公政権で衆院2/3再可決で事なきを得た特別法人税ですが、今回民主党は衆院2/3もってませんからねぇ。

| あまのじゃく | 2011/03/04 10:17 PM |
あまのじゃくさん、コメントありがとうございます。

どさくさ紛れに・・・

ってこともあり得るのでしょうか?
| rennyです | 2011/03/05 10:30 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
岡本和久のI-OWA日記 2007年6月11日
アナリストという職業の誕生 ちょうど60年前の、1947年6月11日、ニューヨー...
| I-OWA ブログ | 2007/06/12 4:26 PM |
確定拠出年金についてのシンプルなアドバイス
久しぶりの更新です。 気付いたら累計アクセスが10万件を超えました! 誰か祝ってください(笑) さて、先日、今年の春に就職した弟から、確定拠出年金をどうしたらよいかと相談されました。弟は、投資についての知識が
| Aから始める:企業価値に基づく投資 | 2007/06/12 11:03 PM |
確定拠出年金の罠
確定拠出年金(以下DC)が今年、我が社にも導入されました。http://renny.jugem.jp/?eid=218に「確定拠出年金の罠」というブログの記事が掲載されていました。フムフム、確定拠出でも給付でも掛け金+運用益に毎年1.173%の課税をする制度だそうです。全然知りませんでし
| TAKE IT EASY ! | 2007/11/10 6:22 PM |
確定拠出年金は罠だらけ
確定拠出年金や確定給付年金に関しては以前に何度か語り、ある程度は話し尽くしたと思っていたが、筆者のブログへ「確定拠出年金 罠」のようなキーワードで訪れる人がいる事を知り、調べる内に新しい情報を発見した。 確定拠出年金の罠 によれば、確定拠出年金や確定
| 働いたら負け【抜け出せ、サラリーマン奴隷・社畜】〜投資 中級者向け〜 | 2008/03/20 11:03 AM |