CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
renny 注目の投信会社
ガンバレ!
MoneyForward、ライフネット生命、FC東京、cakes
アクセスカウンタ etc
この日記のはてなブックマーク数


since Jan. 9 2007



ブログパーツ
mailform
MOBILE
qrcode
<< 2011年3月31日現在の資産配分 | main | それゆけ!STAMグローバル外国株式インデックス #31 >>
いろいろ、いろんはあるかとおもいますが
JUGEMテーマ:保険
 
-----------------------------------------------------
当ブログにはじめてお越しの方、お時間が許せばご覧下さい。
(長文です)

-----------------------------------------------------

まずはこちらをご覧ください。



続いて、竹川美奈子さんのツイートです。



新入社員、独身の方には、死亡保障はいらん!ということなのですが、ボクはちょっと違う意見なんです。いろいろ異論はあると思いますが。


ボク自身、社会人になってすぐに死亡保障が2,500万円程度の生命保険を購入しました。選ぶべき商品(大手生保の主力商品、定期特約付終身保険でした)が間違っていたとは思います。しかし、生命保険の購入、それ自体は間違っていなかったと思います。

その理由は、学費や生活費で随分と両親のスネを滅茶苦茶かじらせてもらったからです。親はさんざんスネをかじられた挙句、社会人になって間もなく自分の息子や娘の身に思いもよらないことが起こってしまったらどうなのでしょう?きっと、やりきれないこと、この上なしなことでしょう。 もちろん、そうした事態をお金であがなえるかどうか、それはビミョーですよ。でも、そんな親不孝(親より先に逝く、それは最大の親不孝の一つだと思います)へのせめてもの「つみほろぼし」になるように思えます。ボクはそういう意図で生命保険を購入しました。

たとえば、ライフネット生命であれば、今23歳の人は、2,000万円(10年)の死亡保障を、月額 1,954円 で購入することができます。


ライフネット生命_2,000万円_23歳



自分が親不孝をしでかすリスクを考えてこうした死亡保障を購入することも、ボクは悪くないと考えています。

異論はいろいろあるとは思います。
親孝行と言うのなら、1年に1回 20,000円程度の食事をご馳走するとか、2年に1度一緒に旅行するとか、そういうのでもいいかもしれません。保険よりも遥かに喜ばれる親孝行となるでしょう。結局は「おカネの使い方」で、人それぞれですね。



---------------------------------------------------------------
インベストライフ を応援しています。

I-O ウェルス・アドバイザーズ | インベストライフとは
はてなブックマーク - I-O ウェルス・アドバイザーズ | クラブ・インベストライフとは


---------------------------------------------------------------



人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします。
ブログランキング にほんブログ村に登録しました。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

blogranking 

カブク<br />
ンブログマーケットランキング投票




| おカネの使い方 | 01:13 | comments(4) | trackbacks(1) | 
コメント
そうそう^^
いざという時の備えは必要だと思います。
地震同様、大丈夫・・と思っている人に限って起こるものです。(起こらないのは運がよい)

共済であれば年齢・期間の影響も少ないし、もっと安価に入れますよ!
| 預金王 | 2011/04/02 6:28 AM |
保険については、色々な方の意見を聞くうちに「人それぞれ」という考えを持つようになりました。
投資でもそうですが、正解は「思い」で決まる面もあるのかなぁと...

ただ、竹川さんの言うように、公的保険の制度を知るのは保険加入有無にかかわらず必要と思います。

主旨とはズレますが、相続を考えた場合の保険は、遺産分割が終わってなくてもすぐに保険金が受け取れるという意味で有用というお話も聞いており、保険の有無は目的も色々あって一概には言えないものと思いました。
| PET | 2011/04/02 10:44 AM |
私も職場で加入し、その後お金の勉強をするうちに保険を見直そうと思いました。
結局、解約返戻金抑制型終身保険を葬式代程度に、医療保険を最低限の金額で7大疾病には期間が延び、先進医療対応のものにしました。
著名な方の意見をみるとたまにこれでいいのか、いらないのではないかと思う事もありますが概ね満足してます。
大切なのは投資も保険も他人に任せっきりではなく自分で調べ、勉強し、相談に行き、考え、自分で取捨選択する事だと思います。
そうすれば世間に惑わされず自分の納得のいくものに出会えるのではないかと思います。

| おしゃかしゃま | 2011/04/02 11:39 AM |
コメントありがとうございます。

>預金王さん、

>>共済であれば年齢・期間の影響も少ないし、もっと安価に入れますよ!

そうですね。共済も選択肢の一つですね。

>PETさん、

「おカネのつかいかた」は人それぞれですね、ホント。

>おしゃかしゃまさん、

>>大切なのは投資も保険も他人に任せっきりではなく自分で調べ、勉強し、相談に行き、考え、自分で取捨選択する事だと思います。

その通りですね。人それぞれ、なればこそ自分でしっかりと調べて、考えて、行動すること、ですね。
| rennyです | 2011/04/04 6:47 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://renny.jugem.jp/trackback/1896
トラックバック
新入社員が生命保険に入る前に知っておきたい2つのこと
 新年度が始まりました。震災の影響で大混乱の新年度でも、企業には将来を担う新入社員が入ってきます。しかし新入社員は知識も経験も乏しいためか、生命保険のセールスの格好のターゲットです。そういえば1...
| サクサク Money Note | 2011/04/04 8:40 AM |