CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
renny 注目の投信会社
ガンバレ!
MoneyForward、ライフネット生命、FC東京、cakes
アクセスカウンタ etc
この日記のはてなブックマーク数


since Jan. 9 2007



ブログパーツ
mailform
MOBILE
qrcode
<< 投資信託の販売手数料について | main | 郵便局での投信販売がゼッコーチョーらしいです >>
フィナンシャルジャパンってどうなの?
manuwさんから「雑誌フィナンシャルジャパンはオススメですか」とのお問い合わせを頂きました。
結論を申し上げますと、
資産形成のための投資活動のヒント、材料を探している方にとっては
定期購読する価値ある雑誌だと思います。

ボクは創刊号から定期購読していますが、毎号最初から最後まで興味深く読んでいます。
過去の記事で最も印象的だったのは、村上世彰さんの持論が多くの紙面を割いて紹介した記事でした。

いわゆるマネー誌にカテゴライズされるものと思いますが、他のマネー誌(あんまり読んだことが無いので偏見に満ちているかもしれません)と明確に違う点がいくつかあります。一つは、企業の経営者のインタビューに毎号かなりの紙面を割いているという点、もう一つは、マネー誌でありながら株価チャートがほとんど掲載されていない!という点です。さらに、マクロ経済についての特集が度々組まれる点も特徴の一つです。
他のマネー誌は「株価」(あるいは「優待」など)ばかりに注目しているように見受けられますが、フィナンシャルジャパンは「企業」そのものにフォーカスしています。企業の「価値」を探るためには、やはり経営者のコメントは不可欠だと考えます。経営者のインタビュー記事を編集するには企業経営について見識を持った編集者が必要ですが、他のマネー誌にはそのような編集者はほとんどいないのではないか、と想像されます。

とはいえ、やはり広告主への配慮が見られるのも事実です。コストの塊みたいな運用商品の記事が掲載されることもあります。が、これは雑誌である以上仕方の無いことと割り切るべきでしょう。

ボクは現在、N経新聞の購読を止めていますが、週刊ダイヤモンドフィナンシャルジャパンで十分に間に合います。
(最近のN経の質の低下は著しいものがあるようですね。あの記事の質では、価格は「価値」と乖離しているように思います。)

| 投資関連書籍の読書 | 13:18 | comments(1) | trackbacks(0) | 
コメント
rennyさん、こんばんは。
大変わかり易く内容を教えて頂き、本当にありがとうございます。
私は、投資経験が少ないので、投資法について毎日が思考錯誤の状況にあります。
読んだり見たりする本や雑誌に、いつも見新しい内容が書かれていて発見の連続って感じです。
なので、この雑誌は、今の私の現状を正しい資産形成の方向へ導いてくれるような印象を受けました。
早速、購読してみようと思います。ありがとうございました。
| manuw | 2006/08/29 11:36 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://renny.jugem.jp/trackback/18
トラックバック