CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
renny 注目の投信会社
ガンバレ!
MoneyForward、ライフネット生命、FC東京、cakes
アクセスカウンタ etc
この日記のはてなブックマーク数


since Jan. 9 2007



ブログパーツ
mailform
MOBILE
qrcode
<< 2010年12月28日現在の資産配分 | main | 本年もありがとうございました >>
純資産総額の上位15ファンド、日米比較をしてみました
JUGEMテーマ:資産運用
 
-----------------------------------------------------
当ブログにはじめてお越しの方、お時間が許せばご覧下さい。
(長文です)

-----------------------------------------------------

米国のMORNINGSTARの記事です。



ここで紹介されている米国の15本のファンドと、日本国内で純資産総額の上位15本のファンドを比較してみることにしました。

まず、米国です。


(クリックして拡大してください)
2010年12月米国の投資信託

データソースは http://www.morningstar.com/

一方、日本の投資信託です。

(クリックして拡大してください)
2010年12月28日_日本の投資信託

データソースは http://www.morningstar.co.jp/



比較してみると、大きな違いが沢山あることに気付かされます。

1.規模が圧倒的に違います。米国の15位のファンドの方が、日本最大の投資信託よりも規模が大きいんですね。


2.経費率がゼンゼン違います。米国では1%を超えるファンドが1本なのに対して、日本のファンドでは1%を切っているのが1本のみです。実に対照的ですね。

3.ファンドの歴史がまるっきり違います。米国の14位のファンドは1929年の設定です。上位15本の中に、2000年代に設定されたファンドは見当たりません。これに対して、日本は今年4月(今年ですよ!)に設定されたファンドが2位になっているのです。凄まじく対照的ですね。

4.ファンドを通じて株式に投じられているウエイトが甚だしく違っています。米国も最大のファンドは債券モノですが、株式ファンド、バランスファンドが多数を占めています。

5.分配回数も違っていますね。米国は四半期ごとの分配が一般的のようです。(債券モノは毎月分配もあるみたいですね)


米国と日本では、色んな面で随分と違っているので単純な比較には意味がないのかもしれません。が、しかし、ファンドをじっくりと時間を掛けて育もうという面については、日本の投資信託業界にも真摯に取り組んで欲しいなぁ、と強く感じます。

---------------------------------------------------------------
インベストライフ を応援しています。

I-O ウェルス・アドバイザーズ | インベストライフとは
はてなブックマーク - I-O ウェルス・アドバイザーズ | クラブ・インベストライフとは



---------------------------------------------------------------
<2011年1月9日、「第3回インデックス投資ナイト」で発表!>

---------------------------------------------------------------



人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします。
ブログランキング にほんブログ村に登録しました。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

blogranking 

カブク<br />
ンブログマーケットランキング投票






| 資産運用 | 11:43 | comments(0) | trackbacks(0) | 
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://renny.jugem.jp/trackback/1746
トラックバック