CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
renny 注目の投信会社
ガンバレ!
MoneyForward、ライフネット生命、FC東京、cakes
アクセスカウンタ etc
この日記のはてなブックマーク数


since Jan. 9 2007



ブログパーツ
mailform
MOBILE
qrcode
<< 「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2010」への投票を済ませました | main | 少額投資の非課税制度、 “看板倒れ”に終わらせない! >>
【JASDAQ-TOP20 指数ファンド】が設定されます!!!だけど・・・
JUGEMテーマ:資産運用
 
-----------------------------------------------------
当ブログにはじめてお越しの方、お時間が許せばご覧下さい。
(長文です)

-----------------------------------------------------


先日、JASDAQ-TOP20に連動するETFの設定、上場が発表されましたが、それに続いて、追加型公募投資信託も設定されます!

当ブログの随分昔(3年半以上昔!)のエントリです。


この後、日本の新興市場の株式指数に連動するETFは幾つか登場しましたが、追加型公募投資信託は設定されることがありませんでした。ETFに関しては、最近もカン・チュンドさんがエントリされていましたね。



こうした点から今回設定されるJASDAQ-TOP20 に連動する追加型公募投資信託は実に画期的な存在なんです。素晴らしいことだと思っています。

が、しかし、です。。。




EDINET等を確認しましたが、残念なところが幾つか。

信託報酬 年0.786%(税込)。
確かに、これはもう少し低廉な水準を期待したいところです。
でも、残念なのはもっと別のところにあります。

1. マザーファンドを設定しないこと。

これは極めて残念です。この株価指数に連動するマザーファンドを設定して、そのベビーファンドとして設定して欲しかった。マザーファンドがあれば、それを基に他にもベビーファンド(たとえば、TOPIXや日経225等の指数とブレンドしたファンドとか)が設定される可能性があるわけです。そのようなイマジネーション、構想力は、三井住友アセットマネジメントに無かったのでしょうか。繰り返しますが、極めて残念です。

2. 販売会社のラインナップが???なこと。

ロイターの記事です。


当面の販売会社に大手ネット証券は含まれていません。したがって、ノーロード、申込最低金額=1,000円、というのは期待できそうにありません。これもまた非常に残念です。


3. 投信会社から「やったるで!」と意欲が感じられないこと。

上記の通り、大変画期的なファンドなんですよ、このファンドは。
ところが、本日現在、設定、運用する三井住友アセットマネジメントのWebサイトからこのファンドの存在を見出すことができません。新商品の情報もこんな感じです。

三井住友アセットマネジメントはやる気があるのだろうか


ネット証券で、ノーロード、1,000円から投資できる、という条件が整えば、自分のポートフォリオに加えることを真剣に考えようか、と思わせるファンドだったのですが。。。

ところで、ボクは 【1314】 上場インデックスファンドS&P日本新興株 を保有しています。このETFはS&P日本新興株100指数への連動を目指していて、JASDAQ-TOP20 よりも幅広い銘柄で構成されています。指数としては、こちらの方が圧倒的にボク好みです。

そこで、です。
この株価指数に連動するインデックスファンドの設定を希望します!

ボクがこの件にこだわりたいのは次の考えからです。

新興市場に上場している会社は、上場してはいるものの依然ベンチャー企業です。上場する前はベンチャー・キャピタル・ファンド(=沢山の銘柄で構成されるポートフォリオ)の一部であることがほとんどです。
であれば、上場後もポートフォリオの一部として投資家が保有することができる選択肢があっても良いのではないでしょうか。その際に、アクティブ運用だけでなくパッシブ運用されているポートフォリオのニーズもあると思います。インデックスファンドがあれば、アクティブファンドとの比較もしやすくなります。
少額からでも投資できるインデックスファンドがあれば、ポートフォリオにこうしたベンチャー企業を組入れることができます。それは国内のベンチャー企業振興にもつながるものと考えます。

【1314】 上場インデックスファンドS&P日本新興株を設定、運用している、日興アセットマネジメントには大いに期待したいところです。

ともあれ、残念だ、残念だ、極めて残念だ、
と繰り返し強調してしまいましたが、

【JASDAQ-TOP20 指数ファンド】は画期的!

ということには変わりはありません。

ネット証券で、ノーロード、1,000円から投資できる、という条件が整えば、自分のポートフォリオに加えることをあらためて考えてみたいと思います。


---------------------------------------------------------------
<投票をお待ちしています!(〆切は11月末です)>


---------------------------------------------------------------
インベストライフ を応援しています。

I-O ウェルス・アドバイザーズ | インベストライフとは
はてなブックマーク - I-O ウェルス・アドバイザーズ | クラブ・インベストライフとは




---------------------------------------------------------------

by Tweet Button

人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします。
ブログランキング にほんブログ村に登録しました。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

blogranking 

カブク<br />
ンブログマーケットランキング投票




| 投資信託の新商品 | 18:43 | comments(4) | trackbacks(0) | 
コメント
1314は指数としてはいいんですが、流動性が乏しいのが残念ですね。
1日の出来高がショボく、誰も買わないのに上場し続けているETFが多過ぎますよホントに…
| 通行人C | 2010/11/26 7:24 PM |
通行人Cさん、コメントありがとうございます。

S&P日本新興株100指数に連動するインデックスファンド、待望しています。

| rennyです | 2010/12/04 12:16 PM |
JASDAQ-TOP20の投信ですが、SBI証券・楽天証券でも買えるようなったようです。
ただし、0.525%の購入時手数料が必要なようですが・・・
| かえる | 2011/09/19 1:50 AM |
かえるさん、コメントありがとうございます。

ネット証券で取扱い開始されていたんですね。

でも、

ノーロードじゃないんですか!!!

購入時手数料を取るだけのサービスを、SBI証券、楽天証券はこのファンドで提供しているのでしょうか???
| rennyです | 2011/09/19 9:31 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://renny.jugem.jp/trackback/1694
トラックバック