CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
renny 注目の投信会社
ガンバレ!
MoneyForward、ライフネット生命、FC東京、cakes
アクセスカウンタ etc
この日記のはてなブックマーク数


since Jan. 9 2007



ブログパーツ
mailform
MOBILE
qrcode
<< ユーマネー Free<タダ>でお金と自分を成長させる方法 | main | モーニングスターの「ポートフォリオファンド登録ランキング」  #11 >>
鎌倉投信「結い2101」第1回受益者総会 に参加しました
JUGEMテーマ:Global Investment
 

自分でも理由が分からないのですが、総会が終る頃、ウルって来ちゃいました。


鎌倉投信2010年7月24日


昨日、鎌倉投信の記念すべき第1回受益者総会に参加しました。



プログラムをご覧になるとお分かりの通り、10:30〜18:00という長丁場です。率直に言えば疲れました。(途中、不覚にも居眠りしちゃったし)
しかし、その疲れは、心地の良い疲れです。本当に心地の良い疲れです。

総会の内容は、m@さん(@msyk)、まっき〜さん(@makiko8)が熱く実況してくださってましたので、ボクは自分の感想を中心に書き留めておきます。


"ちっちゃいけど、世界一誇りにしたい会社"等でお馴染みの法政大・坂本光司先生のお話を始めてライブでお聞きしました。ものすごーく熱い先生だなぁ、と感じました。今進められている「日本でいちばん大切にしたい会社大賞」が楽しみです。
 
"リッツ・カールトンで育まれたホスピタリティノート"を上梓されたばかりの、高野登さんのお話も大変素晴らしかったです。「木ヘンに無 と書く木」「99度と100度の違い」のお話が特に印象的でした。

最も印象的だったのは、最後のパネルディスカッションでした。
登壇されたのは、池内タオルの池内社長、トビムシの竹本社長、Kaienの鈴木社長、そして鎌倉投信の新井さんでした。





現場で奮闘されている皆さんのお話にはグイグイと引き込まれました。「自分が如何に何も知らないのか」を沢山教えていただきました。割り箸のお話は、恥ずかしながら、目からウロコが500枚くらい飛び出るような感覚を覚えました。投資を通じてこうした機会が得られることに、あらためて驚きました。今回はお子さんの参加は少なかったのですが、子どもたちにもぜひ聞いて欲しい話が沢山ありました。(夏休みの自由研究のテーマが一杯って感じですよね!と鎌倉投信・鎌田社長にお話しました。)

今回の総会に参加してみて確認できたことが3つあります。

1.投資とは、「投資」 x 「投思」 x 「投志」 (もしかしたら「投私」も加わる?) だ!

2.鎌倉投信の受益者の多くの方との間に 「投思」 x 「投志」 という価値観がシェアされているように感じられたこと。

3.こうした価値観をシェアしている「公募投資信託」には、新たな問題を発見してそれを解決しようと奮闘している人たち、会社が歩み寄ってくるということ。

特に1.については、ここ最近、「長期投資」という言葉に対してギモンを抱いていたということが大きいのです。投資の成果・実績は短期間で得られるはずもないのにわざわざ「長期」という言葉を入れる必要があるのか、ということです。時間が長いことよりも、そこに込められた「思い」や「志」の方が遥かに大事なのではないか、そんな風に感じていました。その感覚が自分のものになり始めた、身に付き始めている、と今回の受益者総会で確認することができました。(別に、「長期投資」を否定、というわけではないので、その点誤解なさらないでくださいね)

会の全体を通じて最も唸らされたのは、鎌倉投信の新井さんの次のコメントでした。

「"結い2101"を、受益者・投資家のみなさんがおカネが必要になったときでも『最後まで売りたくない(保有し続けたい)』と思われる投資信託にしたい。その拠りどころとして、(鎌倉投信の運用能力の巧拙ではなく、)"結い2101"に組入れられた沢山の<いい会社>となるようにしたい。

本当に素晴らしい機会を設けてくださった、鎌倉投信の皆さん、総会の運営をお手伝いされたボランティアの皆さん、パネル・基調講演に登壇された方々、そして猛暑の中現場にご参加された受益者の皆さんに感謝の気持ちで一杯です。本当にありがとうございました!!!お疲れ様でした!

来年またお会いすること、沢山の<いい会社>とめぐり合えること、新しい発見が得られることを心から楽しみにしています。



ご参加された皆さんのエントリをはてブしています。



---------------------------------------------------------------
インベストライフ を応援しています。

I-O ウェルス・アドバイザーズ | インベストライフとは
はてなブックマーク - I-O ウェルス・アドバイザーズ | クラブ・インベストライフとは




---------------------------------------------------------------

by Tweet Button

人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします。
ブログランキング にほんブログ村に登録しました。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

blogranking 

カブク<br />
ンブログマーケットランキング投票



| 投資関連セミナー | 09:01 | comments(3) | trackbacks(0) | 
コメント
頻繁にブログは拝見させて頂いていますが、初めてコメントさせて頂きます。

私も当日の参加させて頂きました。この受益者総会は、長期投資をする上で何故このファンドを持ち続けるか?という問いに対して、”いい会社の応援”をしているという価値観がもてるという納得が得られる意味でとても有意義だと感じました。

資産運用としては、何年後かにプラスになって欲しいという事はありますが、それを差し引いても「結い2101」を通じて”いい会社の応援”をしているという気持ちの満足感があるイベントでした。
| KM | 2010/07/25 7:40 PM |
renyさんの熱い思いが伝わってきますね。受益者総会とは面白い名称ですね。いい会社をどう定義すればいいのかが分からないのですが、renyさんは納得されたということですか。

ただ、投資家としては、公序良俗に反しない限りで最大限収益を追求していただかないと、いい会社の資格があるのかなとは思います。
| osa | 2010/07/26 1:06 AM |
コメントありがとうございます。

>KMさん、

受益者総会にご参加だったのですね。
ボクも大変ステキなイベントだと感じました。
鎌倉投信と、受益者との絆で
"いい会社をふやしましょう"

>osaさん、

>>「いい会社をどう定義すればいいのかが分からない」

「いい会社」の定義は簡単ではありません。
しかし、鎌倉投信は「こんな会社が"いい会社"だと思うんだ」ということを示そうとしているところに大きな意味、存在感があると思います。そして、そのプロセスに投資家、受益者も関与できる可能性がある(もちろん、反映されるとは限りませんよ)ところに、さらに大きな魅力を感じます。

| rennyです | 2010/08/04 7:44 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://renny.jugem.jp/trackback/1556
トラックバック