CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
renny 注目の投信会社
ガンバレ!
MoneyForward、ライフネット生命、FC東京、cakes
アクセスカウンタ etc
この日記のはてなブックマーク数


since Jan. 9 2007



ブログパーツ
mailform
MOBILE
qrcode
<< お金とつきあう7つの原則 | main | 「みのりちゃん」「夢のとびら」「地球の果実」よりもずっと眩しく見えます >>
マネジメント - 基本と原則 [エッセンシャル版]
P・F. ドラッカー,上田 惇生
ダイヤモンド社
¥ 2,100
(2001-12-14)

JUGEMテーマ:ビジネス
 
この本を読んだキッカケ。それは、もちろん↓↓↓の本です。


ボクの本棚には何冊かドラッカーの本が他にもありました。確かに読んだ記憶は残っています。(ただし、記憶はおぼろげ。10年以上前のことなんで。)
今回本を読み終えて感じているのは、もっと早くこの本に出会っていたらなぁ、という想いと、丁度良いタイミングで出会ったのかもしれない、という想い、両方です。


この本からの学びは次の3点が特に大きいものがありました。

その第一は、

 企業の目的は、顧客の創造である。したがって、企業は二つの、そして二つだけの基本的な機能を持つ。それがマーケティングとイノベーションである。マーケティングとイノベーションだけが成果をもたらす。

(「第1章 企業の成果」 16ページ)


顧客の欲求を認識し(=マーケティング)、新しい満足を産み出す(=イノベーション)こと、これにフォーカスすべきである、と。実は4月から自分の本業で新しいミッションが与えられるのですが、この考え方を拠りどころにチャレンジしてみよう、と思ったのです。ですから、この本に「丁度良いタイミングで出会ったのかもしれない」と感じたわけです。こんなことを言い出したら、周囲から「何、寝言ぬかしてんねん」と強烈なカウンターをお見舞いされそうですが、従来型の発想では袋小路、ドン詰まりという状況ですので、この考え方でゼロから考えましょう、と粘り強く提案してみるつもりです。

先日、NHKのドラッカー特集の番組を視聴しました。


ゲストの糸井重里さんが、ドラッカーのメッセージのエッセンスとして、こんな感じのコメントをされたのが印象的でした。

「横を見るな、前を向け」


現在のビジネス環境においては、至言だと感じました。この本からは「競争にはこのように対処せよ」的なメッセージが感じられませんでした。同業他社の動向を執拗に過剰に反応する(ただし、行動するとは限らない)姿に辟易とすること十数年なボクには、この言葉は深く沁みました。

稟議書には「顧客は誰なのか、どんな満足を提案しようとしているのか、それは新しいものなのか」という項目が一番最初にあるべきなんじゃないの、とふと思いました。

第二の学び。

 マネジメントの役割は成果をあげることにある。これこそ実際に取り組んでみれば明らかなように、もっとも難しく、もっとも重要な仕事である。まさに組織の外部に成果を生み出すために資源を組織化することこそ、マネジメントに特有の機能である。

(「付章 マネジメントのパラダイムが変わった」 299ページ)


本の中でもこの課題への取組みの難しさが解説されていますが、具体的な手法が明確に示されているわけではありません。難しいうえに、個別の状況があるわけですから、当然のことです。しかし、何を基準にすべきか、そこについては明確にされています。「成果」なんですね。順送り人事、たすきがけ人事、論功行賞人事ではダメ、ということです。マーケティングとイノベーションによって成果を創出することに燃えている人事、組織をキチンと設計することの重要性(滅茶苦茶難しいんでしょうけど)を痛感しました。(「もし高校野球の女子マネジャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」 では登場する組織がドンドンと燃え上がっていく様が描かれていましたね)

第三の学び。

「知りながら害をなすな」

(「第4章 社会的責任」 113ページ)


肝に銘じたいと思います。


この次は、イノベーションについて、ドラッカーのお言葉を紐解いてみたいな、と思っております。


---------------------------------------------------------------

by Tweet Button

人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします。
ブログランキング にほんブログ村に登録しました。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

blogranking 

カブク<br />
ンブログマーケットランキング投票



 

| 読書 | 08:35 | comments(2) | trackbacks(1) | 
コメント
私もクローズアップ現代(いつも録画)での糸井さんのコメント「横を見るな、前を向け」が印象的でした。

ドラッカーについては、私も昔に何冊か読んだことがありますが、改めて赤い本のシリーズにチャレンジする予定です。
| レバレッジ君 | 2010/03/28 10:43 AM |
レバレッジ君さん、コメントありがとうございます。

「横を見るな、前を向け」

とっても大事ですね。

ボクもドラッカーの本にはまたチャレンジしたいと思います。
| rennyです | 2010/04/04 10:32 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://renny.jugem.jp/trackback/1417
トラックバック
マネジメント 基本と原則【エッセンシャル版】著/P.F.ドラッカー
 『社会人の本棚』にようこそ。いらっしゃいませ。今回、ご紹介するのはこちら『マネジメント 基本と原則【エッセンシャル版】著/P.F.ドラッカー』です。この本は2010年10月 ...
| あなたに必要な一冊 目次と紹介(ビジネス書評) | 2010/12/01 2:53 AM |