CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
renny 注目の投信会社
ガンバレ!
MoneyForward、ライフネット生命、FC東京、cakes
アクセスカウンタ etc
この日記のはてなブックマーク数


since Jan. 9 2007



ブログパーツ
mailform
MOBILE
qrcode
<< 2010年1月29日『上場MSコク』、2月24日『上場MSエマ』が上場予定! | main | やっぱり違うね、ライフネット生命 >>
[鎌倉投信]ステキな「動画&社長新年挨拶」
JUGEMテーマ:資産運用
 

鎌倉投信のWebサイトが更新されています。


鎌倉投信紹介ムービーが公開されています。
鎌倉投信の皆さんやオフィスの様子、そして社屋(必見です!)がご覧になれます。

この動画に加えて、鎌田社長の新年のお言葉も公開されています。
特に印象的なのは、鎌倉投信の投資哲学です。
数多くの議論の末にたどりついたものだそうです。


「 投資は "まごころ" であり、

  金融は "まごころの循環" である 」






投資あるいは金融という言葉を聞いて、果たして"まごころ"を連想する人はどれだけいるでしょうか。しかし、投資や金融に"まごころ"があっても全くおかしくないですし、そうした姿もある、あってほしいものです。ですから、ボクはこの鎌倉投信の投資哲学に強い共感を覚えます。

ぜひ、鎌田社長の新年のお言葉の全文をご覧ください。




鎌倉投信の設定、運用する投資信託の詳細発表が待ち遠しいです!

鎌倉投信についてのエントリです。



---------------------------------------------------------------
インベストライフ を応援しています。

I-O ウェルス・アドバイザーズ | インベストライフとは
はてなブックマーク - I-O ウェルス・アドバイザーズ | クラブ・インベストライフとは



---------------------------------------------------------------
人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします。
ブログランキング にほんブログ村に登録しました。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

blogranking 

カブク<br />
ンブログマーケットランキング投票





| 直販&独立系投信 | 06:59 | comments(2) | trackbacks(0) | 


コメント
はじめまして藤原と申します。こちらに投稿するのは初めてになります。いつも楽しみに拝見しています。
楽天証券で1000ドル余りのETF分配金が出ましたが再投資について、どうすれば良いのか悩んでいます。再投資と言っても直にETFを購入するのは1000ドル分程度では手数料率が高すぎますし、STAMでは為替手数料が必要且つETFに他資金と一緒に投資する際、また為替手数料が・・・と言うわけです。昨年はVWOに投入しました。昨年の反発局面直前でしたから手数料率の高いのは別段OKでした。今回は、どうするのがまだましな選択と思われまか?26ドル程度なので手数料払って(2.6%の手数料率になりますが)ETF買っちゃおうかとも思っていますが。今般東証上場の国内ETFも悪くは無いですが分配金税率が30%とかなんとか書いてあるのと、ETF自体がどのぐらいの規模になるか分からないので現段階ではVWOかVTあたりかと思ってはいますが。宜しくお願いします。藤原
| 藤原 | 2010/01/07 7:40 AM |
藤原さん、コメントありがとうございます。

最初に2つお伝えします。
ご気分を害されるかもしれませんがご了承ください。

1)今回のご相談に対してはお答えしかねます。

2)ここは「鎌倉投信」に関するエントリですのでそれに関連したコメントを投稿してください。

ご理解、ご協力くださいますようお願いします。

一応ボクならどうするか、ということを書き添えておきます。
分配金ですからCashです。どの商品からそれが出ようが、そのソースは関係ありません。自分の目標とするアセットアロケーションに沿って再投資すると思います。外国株式から出た分配金だから外国株式に、という考え方はボクはしません。
あくまでこれはボクならこうするだろうな、ということです。その点くれぐれもご留意ください。

| rennyです | 2010/01/09 8:45 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック