CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
renny 注目の投信会社
ガンバレ!
MoneyForward、ライフネット生命、FC東京、cakes
アクセスカウンタ etc
この日記のはてなブックマーク数


since Jan. 9 2007



ブログパーツ
mailform
MOBILE
qrcode
<< 少子化対策 | main | インデックス投資と個別株投資 >>
529 college savings planを取り上げた理由
前回のエントリ少子化対策で米国の529 college savings planを取り上げた理由を書いておきたいと思います。
この学資形成目的の課税繰り延べ口座の資金の一部は、株式にも投資されます。つまり、証券取引所は学資形成のための資金が流れ込んでくる場となるわけです。
こうした制度が導入されることで、社会全体が証券取引所により規律ある態度を求めるようになるのではないか、と考えたのです。
証券取引所に上場されている株式が、リタイア後の年金はもちろん、将来を担う子供たちの学資形成の機能も担っているということになれば、イカサマ企業をさっさと取引所から退場させることが出来るのではないでしょうか。当然世論も「イカサマ企業の早期上場廃止」の後押しをすることになるでしょう。今保険会社等で販売されている学資保険も一部は株式で運用されているのかもしれません。しかし、保険会社という(恐ろしくコストの掛かる)エージェントを通していることでその実態が分かりません。(よく調べれば分かるのでしょうか?)
学資保険の購入者はこうした問題に無自覚なのは仕方ありません。

今回の日興CGの問題でここまで東証がノンビリしていられるのも、世論があまりに無自覚なことが問題なのだと思います。
学資に限らず年金に関しても同様のことが言えます。
日本版401kが普及しない理由は色々有るのでしょうが、普及されると困る人(イカサマしている経営者?)が大勢いるのでしょうね。

証券取引所の体たらくに関しては以下のエントリに強く共感します。
証券取引所の役割や義務とは何か by エルさん
証券取引所がしっかりしないと… by まろさん

(当ブログでの過去の関連記事)
一部のインデックスファンドが日興CGを売っているそうです。
どうなるのでしょうか、証券税制
(一部の大物政治家でさえ「証券取引所=大きなカジノ」と勘違いしているようです。)

| 資産運用 | 07:41 | comments(0) | trackbacks(1) | 


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
年金分割
年金分割 4月から始まる離婚時の年金分割について
| 日記から | 2007/02/15 5:20 AM |