CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
renny 注目の投信会社
ガンバレ!
MoneyForward、ライフネット生命、FC東京、cakes
アクセスカウンタ etc
この日記のはてなブックマーク数


since Jan. 9 2007



ブログパーツ
mailform
MOBILE
qrcode
<< 野村、ジョインベスト証券に追加出資。 | main | ヤバい経済学 >>
一部のインデックスファンドが日興CGを売っているそうです。
水瀬さんのエントリ
日興コーディアルグループ株をインデックスファンドが除外?

を拝見して、初めてこの動きを知りました。もう既にかなりの方がこのエントリにコメントを付けられていますが「賛否両論」あるようです。
賛成の方のご意見、反対の方のご意見、いずれも頷ける点があり、正直自分の意見がなかなか纏まりません。

資本市場に対しての犯罪的(と思しき)行為がある程度判明した以上取引所の判断に先んじて運用会社が行動するのは、機械的な運用が期待されるインデックスファンドにおいてさえ「ありうべし」、というのが賛成派のご意見のようです。
こうしたイカサマ行為が起こる可能性含め「清濁併せ呑んで?」インデックスに投資しているので恣意的な判断を入れてくれるな、というのが反対派のご意見のようです。

インデックスファンドに投資する以上、こうした事態が発生することを織り込んで、つまり「清濁併せ呑んで」ということは避けられません。したがって、今回の一部の運用会社の恣意的な判断に関しては、Positiveに評価することはできません。(何となくインサイダーっぽい臭いもしますし)かといって、こうした判断をした運用会社を責めるつもりもありません。

今回の件で責められるべきは東証です。
NightWalkerさんが「日興コーディアルで問われる東証の姿勢」というエントリでご指摘ですし、徒に判断を先延ばしにしている東証の態度に対して疑問を持っている方が数多くいらっしゃると思います。
こうした状況が変な「投機的」環境を産み出しつつあることの罪の重さを東証は感じているのでしょうか。
NYSEの提携やらも大事かもしれませんが、この事案に早急に対処し決断することこそが何よりも重要ではないでしょうか。もし仮に何かの政治的圧力が東証にかけられているのであれば(証券市場の重要性を全く理解していない政治家は自民党にさえゴロゴロいそうですから)、そうした面をマスコミは報道してもらいたいものです。今回の判断の先送りが東証の価値にかなり大きなダメージとなっていることを認識してもらいたいものです。
今回の東証の対応で、水瀬さんの「日本市場はエマージング市場と看做すべき」的な捉え方に強く共感を覚えました。

蛇足ながら、一つ付け足しを。
今回日興CGをインデックスファンドから「諸般の事情で」外しましたとPRしているのがこの会社です。そう、グロソブのあの会社です。「個人投資家は安い信託報酬より情報提供を求めている」と言い切るあの会社です。(関連記事:ボヤ騒ぎで済むでしょうか
「個人投資家はインデックスファンドの意味なんてよく分かってないから、
損した!と言われる前に処分しよう」というのが今回の判断のロジックだったのかもしれません。さすが、個人投資家のことを熟知する会社ならではの判断(?)。
この会社は個人投資家のことはよく御存じのようですが、インデックスファンドについてはもしかしたらよく知らないのかもしれませんね。

| 資産運用 | 07:11 | comments(0) | trackbacks(1) | 
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://renny.jugem.jp/trackback/124
トラックバック
インデックス投資(パッシブ投資)は市場を非効率にする
先日、不正決算問題で揺れる日興CGの銘柄を一部のインデックスファンドが組入銘柄から除外したことについて、インデックス投資家の水瀬さんやrennyさんのブログで議論が盛り上がっていました。 個人的には、インデック
| Aから始める:企業価値に基づく投資 | 2007/02/16 11:08 PM |