CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
renny 注目の投信会社
ガンバレ!
MoneyForward、ライフネット生命、FC東京、cakes
アクセスカウンタ etc
この日記のはてなブックマーク数


since Jan. 9 2007



ブログパーツ
mailform
MOBILE
qrcode
<< セゾン投信、離陸準備中!! | main | 個人投資家宣言 >>
マネックス資産設計ファンド
当ブログのアクセスログを見ていると、先日のエントリ気になったニュースでチラッとコメントしたマネックス資産設計ファンドの注目度が非常に高いようです。トラックバックもこれに関係して3つ頂戴しています。(2007年1月14日現在)

マネックス資産設計ファンドは買いか?/ホンネの資産運用セミナー
バニラコーク3号(2007/1/12)/バニラコークの投資日記
マネックス資産設計ファンド/オサーンの投資生活

当ブログをリンクしてくださっている、Nightwalkerさんのブログでもこのファンドを詳しく紹介されています。
『マネックス資産設計ファンド』、1月26日より販売開始!

ボクの評価なのですが

まず、「このファンド、買いますか」と聞かれた場合、

買いません。

と即答するでしょう。「資産設計」は自分自身でやりたい。そして、その方がコストを低く出来ると確信していますので、当然の結論です。
自分でアセット・アロケーションが面倒だ、やってられん、という方にとっては選択肢の一つになり得るかもしれません。

ところで、先日のエントリ
マネックスらしい商品といえばそれまでですが、今の売れ筋を追うような姿勢を強く感じます。内藤さんの「資産設計」のキモは自分で考える、設計するということのようにボクは理解していたので、「上手く利用しているなぁ」と感じずに入られません。以前抱いた違和感ほどではないのですが、マネックスに感じていた「進取性」、「個人投資家目線」が損なわれつつあるのでは?と危惧してしまいます。

と書いてしまいましたが、訂正させていただきます。

内藤さんのSHINOBY'S WORLDで彼が講師を務めるセミナーの話題がちょくちょく出て来ます。彼の「資産設計を始めましょう」というメッセージを受け取ったにもかかわらず、行動できない人、投資を始められない人が相当数いる、ということを何度か書かれていたような記憶があります。「セミナーを聞いたけれどもやっぱり勇気が出ない、面倒だ」というお客さんに対して選択肢を提供した、と考えると「個人投資家目線」という面では評価しても良いのかな、と思い直しました。内藤さんの「10万円からはじめる資産設計」がおそらく1万円ではじめることができるのでしょうから。

一方で、こんなファンドをこしらえることができるのであれば、外国株式、外国債券の低コストのインデックス投信の販売も考えるべきなのでは、と注文もつけたくなりますね。

(追記)
★WINTER WONDERLANDというブログのエントリでこのファンドについて重要な点を指摘されていたのでご紹介します。

さて、既に多くのブログ等で話題になっているマネックス資産設計ファンドですが、見落とされがちな大きな問題点があります。

それは、アセットアロケーションが事前に明らかでなく、毎年変動しうる商品であるということです。

商品説明によると、資産配分については毎年見直しを行い、イボットソン・アソシエイツ社の助言を受けて最適と思われるアロケーションに変更していくとされています。これは重大なポイントです。

この点はボクも同感です。

(追記その2)
成長株で億万長者のAKIさんが郵便局で販売している6資産分散ファンドと比較されています。

| 投資信託の新商品 | 09:13 | comments(13) | trackbacks(8) | 
コメント
へぇーこんなの販売するんですか。
最近のヘンテコなヘッジファンドに比べれば、ずいぶんまともですね。
投資を始めようって人が、とりあえずこのファンドを買って、
学んでいくうちに卒業する、そんな位置づけと考えればイケてるかな。
| まろ | 2007/01/14 11:03 AM |
 トラックバック&記事内でのご紹介、ありがとうございます。
 私も、rennyさんや、まろさんと同じ意見です。投資の初心者で周りにも詳しい人もいないと言う人たちには、良い選択肢のひとつだと思います。
| NightWalker | 2007/01/14 12:08 PM |
せっかくだから各インデックスファンドをばら売りしてもらって、自分でアロケーションを組みたい人は各インデックスファンドを組み合わせて自分で比率を決める事が出来たら面白いと思うんですけどね。

今回発売するファンドとどっちが上手にアロケーションを組む事が出来るか、期間10年か20年で競争したりしたら証券会社的にも注目が集まって面白かったりすると思うんですけどね。
| vanillacoke | 2007/01/14 3:02 PM |
市場で出回っている「ファンドオブファンズ型バランスファンド」のように、販売手数料が2%、信託報酬が1.5%を軽く超えるような投信に比べれば、はるかに良心的ではないかと思いますが。

やはり、「ものぐさな人」を対象にして作られた気がしています。自分やここへ来ている多くの人のように、自ら投資研究に熱心になれる人にとっては、「コストが高いため、大した意義がない」で結論付けられるでしょうが、そうでない人は結構いるのではないでしょうか。それらの人にとっては、信託報酬が1%を切る(外国株のインデックス並み?)だけでも、さわかみファンド同様にある程度メリットを見出せるものでないかと感じています。
| 新幹線 | 2007/01/14 3:55 PM |
ボクもマネックスらしくないと書いたんですが、なるほどそう言った投資初心者への配慮と言う事ですか、まあ考え合っての事なら納得も出来るんですが、やはり低廉なパッシブ型の海外株式・債券を出してもらいたいですね。
| オサーン | 2007/01/14 11:33 PM |
バニラコークさんの書かれたように、各インデックスファンドのバラ売りがあるといいですね。

個人的には、面白い企画だなあと思いました。
各資産を買いっぱなしで放置したい人や、リバランスを自分でやりたい人には大きなお世話なんでしょうけど、プロの助言によってアセットアロケーションをリバランスしたらどのようなパフォーマンスが出るのか、興味があります。
まあ、直接の比較対象があまり無いので、リバランスをそんなに真剣にやるのかどうかはわかりませんけどね。

アセットアロケーションの配分って結構重要だと思います。投資における一つの肝ですよね。
全て同じ資産に投資していても、個々のウエイト配分によってかなりパフォーマンスに差が出ると思います。
例えば、大型株のアクティブファンドって組み入れ銘柄はどこもあまり変わりませんよね。パフォーマンスの差は各銘柄のウエイトによるものが大きいのではないかと思われます。
アセットアロケーションの巧拙で私がプロに長期で勝てるとは思えないので、コスト的に問題なければお任せするのもアリかなと思っています。とはいっても、私自身がこのファンドを買う可能性は低いでしょうけど。

ちなみに、私がポートフォリオの銘柄のみ公開してウエイトなどを公開しないのは、個人情報であるとともに、企業秘密(笑)でもあるからです。(^^;
| Gabbiano | 2007/01/15 3:06 PM |
コメントありがとうございます。

>まろさん

確かによく中身が分かりにくいヘッジファンドを謳う商品に比べればシンプルと、ボクも思います。

>Nightwalkerさん

選択肢の一つとなり得るものと思いますが、ビックリするほど競争力があるようにも思えないのも事実でしょうね。

>vanillacokeさん

いずれバラ売りしてくれることを期待したいものですね。

>新幹線さん

「ものぐさな人向け」ファンドってハッキリネーミングしても良かったかもしれませんね。

>オサーンさん

全く同感です。外国株式・債券のコストの安いインデックスファンドをマネックスからの発売を期待したいものです。(外国株式は、トヨタ・バンガード海外株式があるから難しいかな)

>Gabbianoさん

そうですね、アセットアロケーションが重要ですね。(ってマネックスの内藤さんが思いっきり強調してますし)
ところで、書き忘れた点が一点あります。
今回のファンドは2つの分配パターンを売りにしていますが、比較的若い人を対象にした(と思われる)「育成型」と団塊世代を対象にした(と思われる)「隔月分配型」は決算、分配回数を違うだけで、信託財産そのもののアセットアロケーションが同じであれば少し無理があるような気もします。「育成型」を選ぶ投資家の方がリスク許容度が高い(=よりリスクのあるアセット・アロケーションを選ぶことが可能)ように思うのですが、どうでしょうか。
| renny | 2007/01/15 5:36 PM |
rennyさん、その通りだと思います。

ファンドの資料にある効率的フロンティアのどのあたりにリスク−リターンを設定するのか、興味ありますね。

若い世代向けに、極端な考え方をすると、
「短期の値動きは長期では収束する」「株式資産は長期的にみると右肩上がり」という考えに基づけば、
債券をわざわざ組み入れて平均パフォーマンスを落とすことは不要で、株式のみがベストという考えも成り立ちますから。

まあ、これは極端なのですけど、リスク許容度に応じた適切なアセットアロケーションは変わってきますよね。
1本のみだったら、当り障りのないところ(やや堅め)で設定するのが常道なのでしょうか。
| Gabbiano | 2007/01/15 8:40 PM |
Gabbianoさん、コメントありがとうございます。
「やや堅め」のアロケーションになるんでしょうね。いずれにせよ、どのような配分にするか非常に興味深いですね。
| renny | 2007/01/17 3:09 PM |
ブログの紹介&TBありがとうございました。

もしよろしければ相互リンクをお願いしたいのですが、如何でしょうか?
| AKI | 2007/01/25 8:37 PM |
AKIさん、コメントありがとうございます。
相互リンク承りました!
| renny | 2007/01/27 7:56 AM |
相互リンクありがとうございます。

こちらでも相互リンク2のところにリンクをしましたので、ご確認下さい。
| AKI | 2007/01/27 1:07 PM |
AKIさん、確認させていただきました。
ありがとうございます!
| renny | 2007/01/27 4:49 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://renny.jugem.jp/trackback/102
トラックバック
「マネックス資産設計ファンド」はどうだろう?
先日マネックス証券から,『究極のバランス型ファンド』と銘打たれた商品「マネックス資産設計ファンド」の発売が発表されました。 マネックス証券には2回程,「海外ETF」の取り扱いを要望するメールを送っているんですが
| 虹の節約&資産運用奮闘BLOG | 2007/01/15 9:59 AM |
マネックス資産設計ファンド
6つの国内外のファンドをバランスよく運用するファンド「ファンドオブファンド」です。 普通なら何本かある投資信託をバランスよく、そして定期的に初期配分へリバランスなんかをするのは 本来は個人投資家本人がするべ
| カウンターゲーム | 2007/01/20 7:03 AM |
ノーロード+信託報酬1%以下の「マネックス資産設計ファンド」
マネックス証券が1月26日から販売する「マネックス資産設計ファンド」は、販売手数料無料で信託報酬も1%以下という、安価なコストが売りの投資信託のようです。
| 投資信託のブログ|ファンドの海 | 2007/01/22 11:32 PM |
マネックス証券 vs 郵便局
マネックス証券が26日から販売を開始するマネックス資産設計ファンドについていろいろ調べているんですが、このファンドの最大のライバルは郵便局に存在するようです。 野村世界6資産分散投信 マネックス資産運用ファンド同様、国内株式、外国株式、国内債券
| 成長株で億万長者 | 2007/01/25 8:33 PM |
マネックス資産設計ファンド、販売開始
マネックス証券のバランス型投資信託「マネックス資産設計ファンド」が今日から販売開
| もーまがBlog | 2007/01/26 9:48 PM |
外国投資信託を利用する海外投資
海外投資の方法で、最も簡単に海外の企業に投資する方法としては、投資信託(国内投信...
| 投資.com | 2007/01/30 2:02 AM |
海外投資のメリット
海外投資する大きなメリットは、日本との金利の違いです。 日本では低金利が続いてい...
| 投資.com | 2007/02/02 12:47 AM |
「マネックス資産設計ファンド」のアセットアロケーション
1月26日に販売開始された「マネックス資産設計ファンド<育成型>」が、1月のマネックス証券「売れ筋ベストテン」チャートで初登場第2位に飛び込みました。わずか5日間での販売ですが、トップの「マネックス・フルトン・チャ
| ★WINTER WONDERLAND★ | 2007/02/05 7:31 PM |